大学生の就職活動の期間が短くなるかもしれないという話を聞いて、勉学の時間が伸びるのは良いことだけれども、実際に就職活動を行う学生達にとっては不安な時期が伸びてしまうのでは、とも感じました。

もしかすると仕事が決まって無い時期が増えてしまうことで、精神的にも宙ぶらりんな状態になり勉強に身が入らないかもしれませんね。

もし筆者が同じ立場だったとしたら、とりあえず早く落ち着ける場所を確保しておきたいと思うのが本音です。

そうは言っても、就職活動を行う大学生の全員が同じ時期からスタートすると言われてしまえばそれまでですね。

学生の中には大学の勉強もやりつつ、並行して就職活動の準備を行う人達も出てきそうです。

この方針がうまくいくかどうかは、やってみなければ分からないし、就職活動をする本人達のやる気にかかってきそうです。

最近の求人の傾向として人気が高いのは、インターネットなどIT系の上級職や、車の取り扱いをする仕事のようです。

また、金融機関への就職を希望する若者も増えているようです。

それらの仕事の特徴としては、自分の能力を活かして働くことが出来るやりがいのあるものだということです。

どういう仕事でも苦労した分やりがいがあると報われるものですから、そういう仕事場を見つけたいものです。